修理事例

ボンネット塗装・色褪せ修理

マツダ ユーノスプレッソ 経年劣化によるボンネットの色褪せ修理事例です。

 

ボンネット中央あたりが白く濁った色になってしまい目立ちます。これは、塗装の最終段階に使われる「クリヤー塗装」が経年劣化により浮いてしまったことが原因です。

ユーノス施工前2

ユーノス施工前1
 

~修理の流れをご紹介します~

ユーノス施工

エンブレムなどの付属品を外してボンネット全体の古い塗膜を剥がします。その後、サーフェーサー(塗装の下地となる塗料)を塗装。サビ止めと細かい傷の修正をします。

 

ユーノス塗装

塗装ブースにて塗装中。塗料はデュポン「スーパーセンタリ」を使用、色合わせは最新の調色機を使用し、全く違和感のないピッタリの色に仕上げます。

 

 

ユーノス完成
乾燥後、表面を磨いて洗車。完成です。

お見積り・代車貸出は無料です。お気軽にお問い合わせください!


当店のご案内

萩島自動車修理工場外観

休業日:日曜日・祝日
営業時間:AM9:00からPM6:00まで営業

≫お問い合わせ≪
TEL:028-658-2557
〒321-0101 宇都宮市江曽島本町5-9
E-mail:info@hagishima.co.jp

関連リンク

ページの先頭へ▲

完璧品質 まごころ接客 あなたの車の安心ドクター